メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

芸術家の模索 自閉症・古久保さんを追う「勇気もらえる作品」 東近江で20日・先行上映会 /滋賀

映画「描きたい、が止まらない」のチラシ=パオネットワーク提供

 「アール・ブリュット」(生(き)の芸術)と呼ばれる障害者アートの作家で、国内外で活躍する東近江市在住の古久保憲満(こくぼのりみつ)さん(23)を描いた映画「描きたい、が止まらない」(近藤剛監督、90分)=写真はチラシ、パオネットワーク提供=が完成した。古久保さんが独自の発想で街を描く様子や、自立に挑む姿などを追う。東近江市の市立八日市文化芸術会館(青葉町)で20日、上映会が開かれる。【蓮見新也】

 古久保さんは自閉症で対人関係が苦手だったが、3歳の頃から絵を描くと気持ちが落ち着いた。以降、創作活…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです