メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

今年の憲法論議 落ち着き取り戻すか 安倍改憲案を相対化=論説委員長・古賀攻

 今年の政治日程は濃密だ。天皇代替わり関連の諸行事が続くのに加え、4月に外国人労働者の新制度、夏に参院選、10月に消費税率引き上げが待っている。間を縫って日本での国際会議や日露の領土交渉、日米・日韓の懸案処理もあるから、さすがの安倍晋三首相も憲法改正で突っ走るわけにはいくまい。だが、首相が前に出なければかえって憲法の論議は落ち着きを取り戻せるかもしれない。

この記事は有料記事です。

残り2051文字(全文2230文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです