メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

十二人の死にたい子どもたち

5カメで捉える若手俳優の演技バトル! メーキング写真公開

映画「十二人の死にたい子どもたち」のメーキング写真 (C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

 映画「十二人の死にたい子どもたち」(堤幸彦監督、25日公開)のメーキング写真が17日、公開された。写真には、堤監督が高杉真宙さんら俳優陣と話している様子や、杉咲花さん、新田真剣佑さん、橋本環奈さんら「子どもたち」を演じるキャストが長机を囲んで座るシーンを撮影している様子などが収められている。

 映画は、「天地明察」や「マルドゥック・スクランブル」で知られる冲方丁さんの小説が原作。死に方やタイミングが全員一致することをルールに、集団安楽死をするために廃病院に集まった12人の未成年の前に、13人目の死体が現れる。12人は、不測の事態を前に議論し、状況から謎を推理する……という現代サスペンス。杉咲さん、新田さん、高杉さん、橋本さんのほか、北村匠海さん、黒島結菜さん、吉川愛さん、萩原利久さん、渕野右登さん、坂東龍汰さん、古川琴音さん、竹内愛紗さんらが出演する。

 今回の映画化にあたり「“若い俳優の演技力が試せる作品”を作りたい」という目的があったといい、まず杉咲さん、新田さん、北村さん、高杉さん、黒島さん、橋本さんの6人にオファーし、全員が賛同。残りの6人は、オーディションを行い、堤監督によって選ばれたという。

 撮影は、5台のカメラを一斉に回す手法で行われた。クライマックスのシーンは台本にして12ページに及び、俳優陣の演技バトルが繰り広げられる。堤監督は「活(い)きのいい十二人の役者の勢い・ポテンシャルの高さ、ストレートに言うと“若さ”。それゆえの危うさ、怖さなどがびっくりするくらい、いい形で撮影ができた。彼らの化学反応が想像以上に人間ドラマになり、こんなに密度の高い演技を撮ったのは初めてだった」と手応えを語っている。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  4. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  5. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです