メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランスフォーマー

木村良平が実写版「バンブルビー」吹き替え 役以上に「不思議な親近感」

映画「バンブルビー」の日本語吹き替え版に出演する木村良平さん(左)とバンブルビー(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.

 声優の木村良平さんが、映画「トランスフォーマー」シリーズの最新作「バンブルビー」(トラビス・ナイト監督、3月22日公開)の日本語吹き替え版で主人公・バンブルビーの声を担当することが18日、分かった。木村さんは、テレビアニメ「トランスフォーマーアドベンチャー」「キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎」シリーズなどで同役の声を演じ、昨年8月に公開された「バンブルビー」の日本版特報映像では、ナレーターも務めていた。

 木村さんは「これまで数年にわたってバンブルビーを演じる機会がありましたが、キャラクターと一つの作品を越えて縁ができると、役という以上に、不思議な親近感を感じてくるものですね。彼の新たな作品に参加できてとてもうれしかったです」と喜んでいる。

 映画「バンブルビー」の舞台は、バンブルビーがサムと出会う以前の1980年代。チャーリー(ヘイリー・スタインフェルドさん)がトランスフォームした生命体に“バンブルビー”と名付け……という展開。バンブルビーが声を失った秘密も描かれる。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです