メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

センター試験、障害者配慮進む 志願者30年で10倍に

英語リスニングの問題冊子。通常の10ポイントの活字(手前)のほか14ポイント、22ポイント(奥)の拡大版が用意されている。22ポイント版はレイアウトが変わるため、3問目は次ページにあり図と一緒に見られない=東京都千代田区で2019年1月11日午後1時半、根岸基弘撮影

 19、20日に実施される大学入試センター試験で、障害や病気のため、2087人が試験時間の延長など受験上の配慮を受けることが認められた。志願者1000人に対して3.62人にあたる。人数は試験が始まった29年前の10倍、割合は7倍で、累計では2万6000人を超えた。障害があっても進学できる道は少しずつ広がってきたものの、配慮の内容がまだ不十分との指摘もある。【田村佳子、五味香織、成田有佳】

 「もし試験で配慮が受けられなかったら、大学受験を諦めていたかもしれない」。神経難病のギラン・バレー…

この記事は有料記事です。

残り2488文字(全文2733文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. プロ野球 中日・松坂、腕引かれ右肩炎症 選手の安全か、ファン優先か 警備強化、対応に苦慮
  4. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです