メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

超音速兵器に危機感 中露優勢、迎撃難易度高く

米国が2010年に実験したハイパーソニック兵器「HTV2」のイメージ図=米国防高等研究計画局(DARPA)提供

 【ワシントン会川晴之】トランプ米政権は17日、ミサイル防衛(MD)システムの強化を見据えた「ミサイル防衛見直し(MDR)」を公表する。焦点は、ロシアと中国が開発を進める「極超音速」(ハイパーソニック)兵器への対応策だ。現時点では「守る手段がない」(ハイテン米戦略軍司令官)といわれる新兵器。米国はどう対処しようとしているのか。

 「いかなるMDシステムも対応できない」。昨年12月26日、ロシアのプーチン大統領は、新型のハイパー…

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1061文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
  3. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです