メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初節句を迎える娘のためにひな人形を選ぶ姉妹=東京都台東区の久月で

 3月3日のひな祭りを前に、ひな人形の受注がピークを迎えている。百貨店には高級素材を使ったひな人形や、好きなパーツを選び自分好みに組み合わせられるひな飾りが登場。最近のひな人形事情を紹介する。

 ●進むコンパクト化

 人形専門店「久月」(東京都台東区)によると、今年は天皇の代替わりにちなみ、新天皇が即位の礼で着用する「黄櫨染(こうろぜん)」色の装束を着たお内裏様が多く登場しているのが特徴という。

 近年は住宅事情からコンパクトなものが好まれており、主流はお内裏様とおひな様一対だけの「親王飾り」。…

この記事は有料記事です。

残り1143文字(全文1390文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  2. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  3. 空自のF2戦闘機が墜落 搭乗の2人は救助 山口県沖
  4. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  5. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです