メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱自、ゴーン前会長に賠償請求を検討 「不正報酬10億円」公表

社内調査の結果を記者団に説明する三菱自動車の益子修会長兼CEO=東京都港区で2019年1月18日、柳沢亮撮影

 三菱自動車は18日、会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された前会長のカルロス・ゴーン被告(64)の不正行為に関する内部調査結果を公表した。ゴーン前会長がオランダにある三菱自と日産自動車の統括会社「日産・三菱BV」から昨年、約782万ユーロ(約10億円)の不正報酬を得ていたことが判明した。調査結果公表後、三菱自の益子修会長兼最高経営責任者(CEO)は記者団の取材に「日産と協議し、(ゴーン前会長に対する)損害賠償請求を検討する」と述べた。

 三菱自が日産・仏ルノーグループ入りしたことを受けて、三菱自と日産は2017年6月、協業によるシナジ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです