メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オランダ統括会社の不正解明 日産とルノーの協力がカギ

統括会社で判明した非開示報酬の流れ

 三菱自動車が18日に公表した前会長、カルロス・ゴーン被告を巡る調査で、提携先の日産自動車と設立したオランダの統括会社が不正の舞台だったことが明らかになった。仏ルノーを含む3社連合の統括会社でも不透明な資金工作が判明しており、実態解明には、ルノーとの調査協力が不可欠となる。

 「我々も日産も純粋にシナジー(相乗効果)の追求をやっていた。率直に言って悲しい」。18日に東京都港区の三菱自動車本社ショールームで、調査結果について記者団の取材に応じた三菱自の益子修会長兼最高経営責任者(CEO)は語った。

 調査では、2017年に日産と三菱自が協業によるシナジー創出を目的にオランダに設立した統括会社「日産…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文753文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. 銀牙 -流れ星 銀- 舞台版のビジュアル公開 イケメン俳優が犬に
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  5. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです