メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

苦境続く原子力事業 電力・メーカーとの統合「合理的」 東電社長が会見で 

 東京電力ホールディングス(HD)の小早川智明社長は18日、原発再稼働の停滞や安全対策費の膨張などで苦境が深まる原子力事業について、国内の大手電力会社や原子炉メーカーを巻き込んだ統合・再編を行うことで合理化を図るべきだとの考えを示した。電気事業連合会で開いた記者会見での発言。電力会社トップが原子炉メーカーも含めた原子力事業の統合・再編に言及するのは異例で、波紋を広げそうだ。

 小早川社長は「原子力事業は、事業を営む電気事業者と、(原発の)建設・保守をするメーカーとに二極分化…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです