メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京都が災害即応対処部隊創設へ 来年3月発足目指す

即応情報隊が導入するエアボート=東京都提供

 東京都は、全国で相次ぐ大規模な自然災害を踏まえ、東京消防庁に「即応対処部隊」(仮称)を創設する方針を決めた。エアボートや全地形活動車などを駆使し、これまで活動が難しかった現場でも、迅速に情報収集や救助活動ができるようにする。来年3月の発足を目指し、2019年度予算案に経費として6億円を計上する。

 都によると、部隊は指揮官らのもとに「即応情報隊」(12人)と「即応救助隊」(24人)を組織する。災害状況の迅速な把握を専門にした部隊を置くのは全国の消防機関…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  4. 習志野が10年ぶり初戦突破 一回に猛攻 日章学園降す
  5. 明豊が三回一気に逆転 横浜・及川は5点を奪われ降板

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです