メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医師の残業 月180時間まで認める労使協定 長崎市立病院で

 長崎市の長崎みなとメディカルセンターを運営する市立病院機構が、医師の1カ月の時間外労働について、年6回を上限に180時間まで延長できるよう労使協定(36協定)を見直していたことが毎日新聞の情報公開請求で分かった。過労死ラインとされる残業時間(月80時間)の2倍超となる見直しに、長崎労働基準監督署は「望ましくない」と指摘している。

 機構によると、見直し前は時間外労働を月30時間、年360時間とし、特別な場合に年6回を上限に月12…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文613文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子
  2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  3. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです