メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

養老鉄道と京浜急行電鉄がコラボ 創業者が同じの縁で

21日から両社の車両に掲げる記念ヘッドマーク=養老鉄道・京急電鉄提供

 京浜急行電鉄(東京都港区)と養老鉄道(岐阜県大垣市)は21日から、「京急と養老をつなぐキャンペーン」を始める。関東と中部の遠く離れた私鉄のコラボは珍しい。両鉄道とも明治・大正時代に活躍した実業家、立川勇次郎(1862~1925年)が設け、今年は京急が開業120年、養老が全線開通100年と節目の年。8月16日まで、スタンプラリーなどさまざまな催しをするという。

 立川は旧大垣藩士の息子として生まれ、東京で弁護士などを務めた。その後、1898年に京急の前身会社を…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文589文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです