メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パイロット飲酒、予防法は? 睡眠リズムの管理徹底を

パイロット飲酒問題について意見を語る独協医科大埼玉医療センターの井原裕教授=埼玉県越谷市で2019年1月16日、和田浩幸撮影

 航空各社で飲酒の不祥事が相次ぐ背景に、航空需要の増大に伴う過重労働が潜んでいるとの指摘がある。時差ぼけにさらされる国際線だけでなく、深夜や早朝の勤務が増えた国内線のパイロットも睡眠の管理が難しくなっているという。万全の状態でコックピットに座るにはどうすればいいのか。メンタルヘルスの専門家で産業医も務める独協医科大埼玉医療センターの井原裕教授に聞いた。【和田浩幸/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2055文字(全文2251文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. プレミアム商品券「9月生まれまでの世帯対象に」 経済再生担当相
  3. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  4. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑
  5. 見つけた・この店 新潟 帽子屋マットメント 「最強のおしゃれアイテム」に特化 /新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです