メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CM

ダンディ坂野“ゲッツ”×スギちゃん コラボテーマのCMで共演(スポニチ)

 お笑いタレントのダンディ坂野(52)とスギちゃん(45)が17日、スマホアプリ「モンスターストライク」(株式会社ミクシィ)の「劇場版シティーハンター×モンスト」コラボをPRした。

     2人はウェブCMで小島よしお(38)とともにアニメ「シティーハンター」シリーズを代表するテーマ曲「Get Wild」のミュージックビデオの中に合成で登場。3人が見事に溶け込んでいる。スギちゃんは「TM NETWORKさんの中に入れるなんて信じられない」と感激。

     歌詞に合わせて持ちネタも披露している。「曲のサビに合わせて“ワイルドだろぉ~”を入れるのが難しかった。30回以上やりましたよ」(スギちゃん)と撮影に苦労したもよう。ダンディ坂野は「“ゲッツ!”“ワイルド”と2つのギャグの共演が見てて楽しいと思います」と話し、サビの頭部分で2人が持ちネタを演じているときの「小島の手持ちぶさた感にも注目してほしい」とも付け加えた。

     メイキング映像の3人のインタビュー動画では小島が「ダンディさんは(TM NETWORKの)木根さんに似ている」という大胆な指摘をするもののダンディ坂野の反応が薄い場面や、スギちゃんが家族と「モンスト」をプレーするときの様子について熱く語るあまり、他の2人が置いてけぼりになるなど見どころ満載だ。

     スギちゃんは日ごろから「モンスト」を楽しんでいるようで「やっているゲームに関われてうれしい」と笑顔。「今から始めても遅くない」と話すと、ダンディ坂野も「子どもがやっているが、これを機にもう少し深くプレーしてスギちゃんと大会に出たい」と意気込んだ。

     「モンスト」のPRとして、スギちゃんは「子どもたちが楽しむモンストと大人たちが懐かしむ映画のコラボ。会話が減ってきた親子も一緒にゲームしたり、映画に行ったりなど家族の会話が増えるいいきっかけになるのでは」。ダンディ坂野は「10~20代の方にはわれわれの動きで、もう少し上の世代の方にはTM NETWORKさんの曲でCMを楽しんでいただき、モンストをプレーしていただければ」とアピールした。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
    2. 競泳・萩野公介、スペインでの高地合宿参加取りやめ
    3. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
    4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
    5. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです