メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

真っ白な雪、広がる世界 新潟・八海山麓で、親と子の療育キャンプ

親子でソリに乗って遊ぶ相原奈実さん(手前)と、母・孝枝さん(46)

 「きれい!」。真っ白な雪の上に、子どもたちの歓声が響く。

 新潟県南魚沼市の八海山麓(さんろく)スキー場で、1月4日から6日、「第30回雪と遊ぼう・親と子の療育キャンプ」(毎日新聞東京社会事業団、日本肢体不自由児協会など主催)が開催された。参加したのは、脳性まひなど体に不自由のある小学2年生から6年生までの子ども20人とボランティア、保護者など約70人。

 子どもたちは、ボランティアの手をかりて防寒着を着ると、厚い雪に覆われたゲレンデに出てさまざまな遊び…

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文998文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く
  2. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  3. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  4. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです