メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長岡空襲

川崎から疎開、母子2人の犠牲確認 遺族申し出、1488人に /新潟

 長岡市は17日、1945年8月1日の長岡空襲で、川崎市から疎開していた母子が空襲の犠牲者と新たに確認されたと発表した。犠牲者は2人を加え1488人となった。遺族の申し出があり、長岡戦災資料館が被災状況を確認した。

 長岡市によると、確認されたのは渡辺ミスさん(当時29歳)と、次女礼子さん(7カ月)。歯科医だった夫ら家族と川崎市に住んでいた45年に空襲に遭い、一家5人で長岡…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです