メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成から未来へ・三重

/14 専修寺広報・玉野章法さん(43) 国宝の寺、ハスでPR /三重

 2017(平成29)年11月、津市一身田町の真宗高田派本山専修寺の御影堂(みえいどう)と如来堂が国宝に指定された。県内で国宝が指定されるのは54年ぶり。建造物としては初めてのことだった。寺の広報担当、玉野章法さん(43)は「大切な国宝を次の世代にしっかり残していきたい」と力を込める。【森田采花】

 知名度が上がり、県外からの観光客を含めて観光バスが1日平均3台は来るようになった。一方で、「『専修寺といえば、これ』という名物がない。リピーターを増やすには、どうすればいいか」と課題を口にする。

 考えているのは、寺のシンボルでもあるハスを、さらにアピールすることだ。境内や周辺にはハスの池や鉢植…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  4. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  5. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです