メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハゲタカ学会

多忙、使い勝手良く 異分野、一室で発表 専門外でも座長

 参加費収入が目的の「ハゲタカ学会」と疑いながら、パリなどで開かれた学会に参加した大学講師の50代男性が毎日新聞の取材に応じた。応募するとすぐ参加が認められ、研究分野の異なる研究者約30人がホテルの一室でそれぞれ研究発表したという。講師は「研究以外の業務が多く、こうした学会でしか発表機会を確保できなかった」と釈明した。【鳥井真平】

 講師は関東の私立大に勤務し、工学系が専門。トルコに拠点を置くとされる出版社が主催した国際学会に2回…

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1092文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. コトバ解説 「デマ」と「ガセ」の違い
  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです