メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

鶴瓶さんの「尊父」六代目松鶴師匠の巻

落語会「夢の三競演」の楽屋で対談した笑福亭鶴瓶さん(左)と桂南光さん=大阪市北区で、平川義之撮影

 「南光の『偏愛』コレクション」、2019年初回は笑福亭鶴瓶さんをお迎えします。昨年もお茶の間で、劇場で、たくさんの人を楽しませた鶴瓶さん。桂南光さんが「ずーっと一番おもろい」と敬愛する後輩です。その「笑福亭鶴瓶」を生み出したのは、没後30年以上を経た今も、数々の名高座の音源が聴き継がれ、ハチャメチャかつ愛すべき人物像が語り継がれる上方落語界の伝説的存在、六代目笑福亭松鶴(しょかく)。鶴瓶さんの原点であり、南光さんも愛してやまない偉大な師匠について、気心の知れた2人が語り合いました。【構成・山田夢留】

この記事は有料記事です。

残り2515文字(全文2768文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです