メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

鶴瓶さんの「尊父」六代目松鶴師匠の巻

落語会「夢の三競演」の楽屋で対談した笑福亭鶴瓶さん(左)と桂南光さん=大阪市北区で、平川義之撮影

 「南光の『偏愛』コレクション」、2019年初回は笑福亭鶴瓶さんをお迎えします。昨年もお茶の間で、劇場で、たくさんの人を楽しませた鶴瓶さん。桂南光さんが「ずーっと一番おもろい」と敬愛する後輩です。その「笑福亭鶴瓶」を生み出したのは、没後30年以上を経た今も、数々の名高座の音源が聴き継がれ、ハチャメチャかつ愛すべき人物像が語り継がれる上方落語界の伝説的存在、六代目笑福亭松鶴(しょかく)。鶴瓶さんの原点であり、南光さんも愛してやまない偉大な師匠について、気心の知れた2人が語り合いました。【構成・山田夢留】

この記事は有料記事です。

残り2515文字(全文2768文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです