メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドネシア津波 東京ドーム200杯分が崩落 原因の火山島ほぼ半分消失

噴煙を上げる火山島「アナククラカタウ」=インドネシアのスンダ海峡で2018年12月23日、AP

 インドネシア・スンダ海峡の火山島アナククラカタウが昨年12月に噴火して引き起こした津波で、噴火による山体崩壊で崩落した土砂が0.21~0.26立方キロに上るとの解析結果を、東京大地震研究所の前野深(ふかし)准教授がまとめた。東京ドーム約200杯分に相当する量で、国土地理院などによると、この結果、島は半分近くが消失し、標高も3分の1程度になった。

 被害を受けたジャワ島の潮位計で観測された津波の記録などから、崩れた量を推定した。噴火に伴い、山の部…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです