メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デメニギス

 レア ★★★★★

     透明度とうめいど ★★★★★

     なぞ ★★★★★

     (評価ひょうか写真しゃしん沼津港深海水族館ぬまづこうしんかいすいぞくかん最大さいだい★5)

     生息せいそくいき 北太平洋きたたいへいようあたたかい海中かいちゅう水深すいしん500~1000メートル)

     体長たいちょう 10~15センチメートル


     漢字かんじめいは「出目でめ似鱚にぎす」で、ニギスの仲間なかまです。くちうえにあるのははなで、緑色みどりいろふたつのドーム部分ぶぶんです。とおった体液たいえきおおわれているため、透明とうめいあたまなかがあるようにえる「スケルトン深海魚しんかいぎょ」です。アメリカのモントレーわん水族館すいぞくかん研究所けんきゅうじょが2004ねんはじめてきた姿すがたとらえることに成功せいこうしました=提供ていきょう写真しゃしん

     えさのクラゲを真下ましたからねらうとき、上向うわむきで、べるとき口元くちもとるため双眼そうがんきょうのように前方ぜんぽうきをえられます。くわしい生態せいたい不明ふめいで、透明度とうめいどたか姿すがたとは裏腹うらはらなぞだらけのさかなです。


    沼津港深海水族館ぬまづこうしんかいすいぞくかん

     深海魚しんかいぎょをメインとする水族館すいぞくかんで、世界せかいでも数少かずすくない冷凍れいとうシーラカンスを展示てんじしています。日本一深にほんいちふか駿河湾するがわん最深さいしん2500メートル)に生息せいそくする深海魚しんかいぎょなどのほか、ダイオウグソクムシの透明骨格標本とうめいこっかくひょうほんられます。

    アクセス

    住所じゅうしょ 静岡県沼津市千本港町しずおかけんぬまづしせんぼんみなとちょう83番地ばんち

    最寄もよえき JR東海道線とうかいどうせん沼津駅ぬまづえきからバスでやく15ふん

    休館日きゅうかんび 保守点検ほしゅてんけん臨時休業以外りんじきゅうぎょういがい年中無休ねんじゅうむきゅう

    営業時間えいぎょうじかん 午前ごぜん10午後ごご

    夏期かき冬期とうき繁忙期はんぼうき変更へんこうする場合ばあいがあります)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
    2. 米子東の選手がベンチ入りせず
    3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
    4. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社
    5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです