メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

六代目笑福亭松鶴の魅力を語り合った鶴瓶さんとのトーク拡大版

対談する笑福亭鶴瓶さん(左)と桂南光さん=大阪市北区で2018年12月17日、平川義之撮影

 1970年代初頭、相前後して落語家としての道を歩み始めた桂南光さんと笑福亭鶴瓶さんは、同い年ということもあり、気心の知れた仲間として交流を続けてきました。2004年からは、桂文珍さんと3人で「夢の三競演~三枚看板・大看板・金看板~」と銘打った落語会も開催しています。昨年12月、その大阪公演を前に、お二人にじっくり語り合ってもらいました。話題の中心は、鶴瓶さんの師匠であり、一門の枠を超え南光さんも「偏愛」してきた上方落語界の伝説的存在、六代目笑福亭松鶴(しょかく、1918~86)の魅力です。【構成・山田夢留】

この記事は有料記事です。

残り4289文字(全文4546文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです