メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

アップル 働いたリンゴ農園から着想

創業時のアップルのロゴ

 スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を世界中で販売する。一口かじられたリンゴのロゴマークで知られるが、1976年の創業当初はリンゴの木の下で科学者ニュートンが読書をするデザインだった。

 創業者のスティーブ・ジョブズ氏(2011年死去)は、社名の由来について、リンゴは果実食主義者である自身の食事の一つであり、創業前にリンゴ農園で働いた経験から思いついた、などと公認の伝記で答えている。ロゴマークは創業翌年、より親しみやすいようにと一口かじられた虹色のリンゴに変更された。そ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」
  4. 盛岡大付、九回2死から見せた意地 諦めずに勝利つかむ
  5. 俳優の織本順吉さん死去、92歳 名脇役 「仁義なき戦い」シリーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです