メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

賃貸住宅で暮らす サ高住、ニーズ明確にし探す

玄関に駄菓子屋を併設したサ高住「銀木犀 八千代」。夕方になると多くの小学生でにぎわう=千葉県八千代市で2018年11月1日、梅田啓祐撮影

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 比較的元気な高齢者を対象にした賃貸住宅「サービス付き高齢者向け住宅」を略して「サ高住」という。入居先が見つけにくい高齢者に良質な賃貸住宅を増やす目的で登場し急増したが、今は要介護者の入居も多い。どう選べばよいのか。

 ●地域との関わりも

 「10円、20円、このあめで30円。あとは何を買おうかなあ」。子どもたちの明るい声が駄菓子屋に響きわたる。建築資材メーカーの「シルバーウッド」が昨年5月、千葉県八千代市にオープンしたサ高住「銀木犀(ぎんもくせい) 八千代」は、建物の玄関の一角に小さな駄菓子屋を併設。店内にはラムネやキャンディーなど駄菓子が色とりどりに並ぶ。

 店員は入居者の有志。午後4時ごろになると近くに住む小学生たちがやってきて行列ができる。町田玲子さん…

この記事は有料記事です。

残り2140文字(全文2500文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く
  2. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  3. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  4. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです