メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「本当に苦しくて怖い大会だった」準決勝で姿消した張本 卓球

男子シングルス準決勝でショットを放つ張本智和=丸善インテックアリーナ大阪で2019年1月20日、久保玲撮影

 場内が張本のレシーブの空振りにどよめいた。最終第7ゲームは9―9。大島のサーブがわずかにネットに触れていたため、やり直しになったが、張本は混乱していた。「サーブは長いか短いか。(攻撃的に)チキータで返すか、(守備的に)ストップで止めるか」。考えがまとまらないまま2連続失点し、準決勝で姿を消した。

 昨年は14歳6カ月で史上最年少優勝を果…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 敷きっぱなしの布団に雑魚寝 同じ皿を回し食事 結核発症の実習生
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 蒼井優さんが追突事故
  5. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです