メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

障害者アート作家・古久保さんのドキュメンタリー 「地元で初上映うれしい」 鑑賞後トークショー 東近江 /滋賀

上映会後のトークショーに臨む古久保憲満さん(中央)と近藤剛監督(左)=滋賀県東近江市青葉町の八日市文化芸術会館で、蓮見新也撮影

 「アール・ブリュット」(生(き)の芸術)と呼ばれる障害者アートの作家で、東近江市在住の古久保憲満(こくぼのりみつ)さん(23)に密着したドキュメンタリー映画「描きたい、が止まらない」(近藤剛監督、90分)の先行上映会が20日、市立八日市文化芸術会館(青葉町)であった。2回の上映後にはトークショーも開かれ、市民ら計約200人は古久保さんのまっすぐ生きる姿を見つめた。

 古久保さんは自閉症で対人関係が苦手。自由に描ける絵が好きで、実在・非実在のものを融合させ、主に都市…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉並のアパートで女性刺傷 搬送後に死亡、男が逃走か
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  4. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  5. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです