メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

たばこ事業維持に課題 BATジャパン社長 ロベルタ・パラツェッティさん

来日直後のロベルタ・パラツェッティさん(前列中央)。BATジャパンの仲間たちと交流を深めた=同社提供

「世界初」加熱式で打開

 故郷のイタリアなどで複数企業の役員を経験し、2013年に「ケント」「ダンヒル」「ラッキーストライク」などのブランドで知られるブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)のスイス法人社長に転じ、14年にBATジャパン社長に就きました。世界のたばこ市場で4位の日本は重要な国。その重責を任されたのは光栄で素直にうれしかったです。ただ市場が縮小する中、健康に対するリスクを軽減させつつ将来性ある事業への転換が求められていました。

 来日当時、三つの課題がありました。一つ目がたばこ消費の減少、二つ目は自由に値上げできないこと。最後…

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1223文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. フーターズ運営が再生法申請 負債約5億円、営業継続
  3. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです