メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」、米や欧州で観測

 [20日 ロイター] - 米国の一部地域で20日夜、赤褐色に染まった「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」と呼ばれる皆既月食が観測された。

     満月が地球に最も接近して大きく見える「スーパームーン」と皆既月食に伴い月が赤く見える「ブラッドムーン」の現象が重なった。さらに1月の最初の満月を「ウルフムーン」と呼ぶことから「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」となった。

     米中部や北東部では悪天候で観測できなかった地域もあったが、ロサンゼルスではちょうどタイミング良く晴れ間がのぞき、ハリウッド近郊のグリフィス天文台では1500人以上の見物客が神秘的な天体ショーを楽しんだ。

     この「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」は、ベルギーやドイツなど、欧州の一部地域でも観測された。

     *写真を更新しました。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
    2. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
    3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
    4. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
    5. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです