メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見聞録

西大寺(奈良市) 「悪人でない道鏡」像、有志奉納へ 「せんとくん」作者に依頼 /奈良

「道鏡を知る会」グッズなどを手にする(右から)山丈明美副代表、幾島一恵代表、松村成子さん=大阪市内で、大川泰弘撮影

 奈良時代の僧、道鏡。「悪僧」「怪僧」の冠がつきまとう。女帝、称徳天皇の信(寵愛(ちょうあい)?)を得て法王に上り詰めた。「道鏡を天皇にせよ」という宇佐八幡神のお告げにより即位が取りざたされるが、称徳天皇の崩御に伴って没落した。そんな道鏡の等身大の坐像(ざぞう)を造り、称徳天皇の勅願で建立された西大寺(奈良市)に奉納しようとしている人たちがいる。【大川泰弘】

 像の造立を進めているのは、道鏡の故郷、大阪府八尾市の女性たちがつくった「道鏡を知る会」(幾島一恵代…

この記事は有料記事です。

残り1071文字(全文1301文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです