メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

今、金栗四三=福本容子

 <sui-setsu>

 五輪の開会式で入場する日本選手団の国名プラカードは「JAPAN」。でもその年は「NIPPON」だった。1912年開催の第5回ストックホルム大会である。

 「外国が勝手に付けたJAPANなら(プラカードを掲げての行進は)やめる」と抵抗した日本人がいたためだ。

 金栗四三(かなくりしそう)。日本人初の五輪出場選手で、今年のNHK大河ドラマの主役である。

 遠い異国での初参加に萎縮しそうなところ、最初は「日本は日本」と、漢字表記を求めたというから、とつけ…

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1003文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  4. 習志野が10年ぶり初戦突破 一回に猛攻 日章学園降す
  5. 明豊が三回一気に逆転 横浜・及川は5点を奪われ降板

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです