メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

景気拡大どう判断? 生産、雇用の指標分析 認定に数年かかることも=回答・大久保渉

戦後の主な景気拡大期

 なるほドリ 景気拡大が戦後(せんご)最長(さいちょう)になっているの?

 記者 政府は毎月、個人消費(こじんしょうひ)や設備投資(せつびとうし)などの経済指標を基に景気の現状をどう認識しているかを示す「月例経済報告(げつれいけいざいほうこく)」を公表しています。昨年12月の報告を公表した際、政府は「戦後最長に並んだ可能性が高い」との見解を示しました。これまでは2002年2月~08年2月の73カ月が最長です。12年12月に始まった今回の景気拡大は昨年12月で最長に並び、今年1月で記録を更新する可能性があります。

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文841文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 統計不正 統計標語募集で「大喜利」状態 総務省職員は……
  2. 宇都宮ピークス 県内最高層マンション完成 /栃木
  3. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  4. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  5. 官兵衛神社、今秋に建立 姫路・地鎮祭に氏子ら100人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです