メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

十二人の死にたい子どもたち

厚生労働省とのタイアップポスター公開 「若者の自殺防止」がテーマ

映画「十二人の死にたい子どもたち」と厚生労働省のタイアップポスター

 映画「十二人の死にたい子どもたち」(堤幸彦監督、25日公開)が、厚生労働省とタイアップしたポスターが24日、公開された。ポスターには橋本環奈さんや杉咲花さん、新田真剣佑さんら12人の出演者たちの姿とともに、「『死にたい』その一言を他人(ひと)ごとにしない」という啓発メッセージが添えられている。

 ポスターは、誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指し、「若者の自殺防止」をテーマに作製された。全国の都道府県や各市町村の施設などに掲出される。

 映画は、「天地明察」や「マルドゥック・スクランブル」で知られる冲方丁さんの小説が原作。死に方やタイミングが全員一致することをルールに、集団安楽死をするために廃病院に集まった12人の未成年の前に、13人目の死体が現れる。12人は、不測の事態を前に議論し、状況から謎を推理する……というサスペンス作。杉咲さん、新田さん、橋本さんのほか、北村匠海さん、高杉真宙さんらが出演している。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです