メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラスポーツ理解深めて 徳島の高校がバスケ用の車椅子導入

鳴門渦潮高が購入したものと同型のパラスポーツ用車椅子と上原大祐さん=D-SHiPS32提供

 2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、パラスポーツ(障害者スポーツ)への理解を教育現場で深めようと、徳島県立鳴門渦潮高校(同県鳴門市)がバスケットボール用の車椅子6台を購入した。パラアイスホッケー元日本代表、上原大祐さん(37)の講演がきっかけで、学校への導入は珍しいという。28日に同校で講習会を開く上原さんは「誰もがスポーツを楽しめる社会を作るきっかけに」と期待する。

 上原さんは長野県出身。生まれつき脊椎(せきつい)に異常がある「二分脊椎」で、車椅子生活を送る。長野…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです