メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

梅原猛さんの「遺言」 京都で細川元首相とかみしめる

梅原猛さんのお気に入りだった居酒屋「喜幸」で梅原さんをしのび、杯を傾ける細川護熙さん=京都市下京区で2019年1月20日、川平愛撮影

「文明災」乗り越えろ

 93歳で亡くなった哲学者の梅原猛さんは晩年、東日本大震災での原発事故を「文明災」ととらえ、現代社会の病理を批判した。また戦前回帰志向を強める安倍晋三政権を憂えていた。そんな梅原さんに背中を押されたというのが元首相の細川護熙さん(81)だった。一夕、京都は木屋町の小さな居酒屋で、梅原さんをしのんだ。【鈴木琢磨】

 高瀬川のほとりの路地にある「喜幸」ののれんをくぐり、カウンターに座れば、至福の「京都時間」が始まる…

この記事は有料記事です。

残り2687文字(全文2903文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. プロ野球 中日・松坂、腕引かれ右肩炎症 選手の安全か、ファン優先か 警備強化、対応に苦慮
  4. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです