メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

三陸鉄道乗って芸術祭へ 佐東範一さん、中村一郎・三陸鉄道社長

佐東範一さん(右)と中村一郎さん(左)

 東日本大震災から間もなく8年。今年も「三陸国際芸術祭」が2月から3月にかけて、岩手、青森、宮城の3県で開かれる。2014年から企画運営に当たってきた特定非営利活動法人(NPO法人)「JCDN」理事長の佐東範一さん(58)と、推進委員長を務める中村一郎・三陸鉄道社長(63)=同左。2人は「鉄道に乗って、多様な芸術・芸能に触れに来てほしい」と呼び…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです