メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

十二人の死にたい子どもたち

杉咲花、新田真剣佑、橋本環奈ら若手12人が繰り広げる密室サスペンス

映画「十二人の死にたい子どもたち」の場面写真 (C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

 「天地明察」などで知られる作家、冲方丁さんの小説を映画化した「十二人の死にたい子どもたち」(堤幸彦監督)が、25日からTOHOシネマズ日本橋(東京都中央区)ほかで公開される。12人の子供たちを演じるのは、杉咲花さん、新田真剣佑さん、北村匠海さん、高杉真宙さん、黒島結菜さん、橋本環奈さんと勢いのある若手俳優たち。オーディションで選ばれた6人が加わり、密室でのサスペンス劇が展開する。

 その日、廃病院に子供12人が集まって来た。目的は集団自殺。ところが、予定の12人がそろったと思われた時、主催者サトシ(高杉さん)が現れる。てっきり、既にベッドに横たわる死体で12人になると思っていた11人は仰天する。ならばこの死体はいったい誰なのか? この中の誰が殺したのか? だとしたら自分も殺されるのか? 12人は安心して自殺するために、死体の謎を解き明かすことにする……。ほかに吉川愛さん、萩原利久さん、渕野右登さん、坂東龍汰さん、古川琴音さん、竹内愛紗さんが出演する。

 死に場所を求めて集まったにもかかわらず、自分も殺されるのではないかとおびえる矛盾した子供たちの考えには首をひねった。

 でも、犯人捜しを続ける中でそれぞれの心の闇が露呈していく過程は、実にスリリングだ。自殺の理由が深刻な者。あきれるほど軽い者。当初、本音が見えないためにのっぺらぼうだった12人の顔は、言葉を重ねるにつれ輪郭がはっきりしていく。

 高度な知性の持ち主で、面倒くさい論理を振りかざし、自分の意にそぐわない人間を論破していくアンリ役の杉咲さん、卑屈さがどんどんあらわになっていくメイコ役の黒島さんら、それぞれ思春期特有の心の揺れを表現した俳優12人の絶妙なアンサンブルに目がくぎ付けになった。

 物語が進むにつれてパズルのピースがはまっていく感じが心地いい。原作を読んだ時に困惑させられた複雑な描写も、映像化されたことでスムーズに理解でき、なるほどそういうことかと膝を打った。映画の最後に、12人の素顔が垣間見える映像が流れる。その趣向は心憎く、改めて映画の力に感じ入った。(りんたいこ/フリーライター)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです