メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
西島秀俊

映画「任侠学園」で昔気質のヤクザ者演じる “組長”西田敏行の怒濤のアドリブに…

映画「任侠学園」で主演を務める西島秀俊さん(左)と西田敏行さん(C)今野敏/(C)2019 映画「任侠学園」製作委員会

 俳優の西島秀俊さんと西田敏行さんが、今野敏さんの小説が原作の映画「任侠学園」(木村ひさし監督)でダブル主演を務めることが25日、明らかになった。原作は、昔気質(かたぎ)のヤクザ者が世のため、人のため、義理と人情を武器に倒産寸前の私立高校や病院などの経営再建を試みる姿をコミカルに描く今野さんの「任侠」シリーズ(中公文庫)。西島さんは真面目すぎるがゆえ時に空回りする、阿岐本(あきもと)組のナンバー2の日村、西田さんは日村や弟分らを振り回しながらも、ストレートな言葉で多くの人の心を揺さぶる阿岐本組長を演じる。

 映画は、経営がうまくいかなくなった仁徳京和学園高校が舞台。曲がったことが大嫌いな昔気質のヤクザ“阿岐本組”が同校を立て直すため、新しい理事に就任。見た目は怖く、荒々しかったが、義理人情の正義を貫いていく彼らの情熱に、次第に校内の空気が変わっていくが、金もうけのために学校を乗っ取ろうとする人間が現れ……という展開。映画は今秋公開。

西島秀俊さんのコメント

 本作はこれまでのキャリアの中で大きな意味を持つ作品の一つになると確信しています。日村という役は今まで演じたことのない、全く新しいキャラクターです。何が正しく何が間違っているのか、誰もが迷うこんな時代だからこそ、“昔気質”の真っすぐ過ぎる日村のような男が新たな道を切り開いてくれるのではないでしょうか。

 念願の親分役、西田敏行さんの怒濤のアドリブに、日々応え続けた素晴らしい共演者の皆さんのキレッキレの名演。平成から新しい時代へ変わる節目の年、笑って泣ける世直しエンターテインメントをぜひ劇場でお楽しみください。

西田敏行さんのコメント

 この映画は今の時代にとって、とても画期的な作品になりそうでワクワクしています。本作で生きるヤクザたちが示す、「お互いを愛し合い、見つめ合い、そして理解し合う」というある種の一本筋を通すという“任侠道”は、万国共通の人々が幸せになるための一本の道だと思います。この映画が、今悩んだり、くすぶっている皆さんを勇気づけるエネルギーとなるような作品になればうれしいです。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  2. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  3. 「同和地区の場所」ネット明示で削除要請 法務省が対応強化
  4. 羽生、入念の4回転 首位チェンは全て着氷 フリーへ最終調整
  5. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです