メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白砂青松に危機 天橋立で広葉樹本格伐採へ

松並木の中で大きくなった広葉樹。白砂青松の景観保全へ、府は本格伐採に入る=宮津市の天橋立で2018年11月9日、安部拓輝撮影

 白砂青松の天橋立(京都府宮津市)に広葉樹が茂っている。砂が減った浜に山の土を入れたことが一因だが、放っておくと松の育ちに悪影響が生じる。人の手によって受け継がれてきた松林を保全しようと、府は3月にも広葉樹の本格伐採に乗り出す。5年をかけて徐々に取り除き、昔の景観を取り戻す計画だ。【安部拓輝】

 砂浜に生えている広葉樹は約600本。16日に開かれた景観保全委員会で了承された計画では、天橋立神社がある周りの森を除くエリアで広葉樹の大半を5年かけて伐採する。ヤマモモやヤマザクラは松の生育に影響のない範囲で残すという。

 天橋立は宮津湾と内湾の海流によって砂が運ばれて形作られた。約600年前に雪舟が描いた国宝「天橋立図…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです