メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

トランプ大統領就任2年 同盟損ねる米国第一主義=高本耕太(北米総局・ワシントン)

連邦政府の一部閉鎖や国境の壁建設に関し、ホワイトハウスで声明を読み上げるトランプ米大統領=ワシントンで19日、AP

 トランプ米大統領の就任から20日で2年が経過し、政権は任期の折り返しを迎えた。自身の支持層だけを意識した数々の内向きな政策判断は、米国の政治・社会に混乱と機能不全をもたらしている。2020年大統領選での再選を意識し先鋭化する「米国第一主義」は、国際社会や日米関係へのリスクでもあることを改めて指摘したい。

 「国境沿いの牧場主が『礼拝用じゅうたんを見つけた』と言っている」

この記事は有料記事です。

残り1810文字(全文1996文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです