メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

YOSHIKI

ハリウッド映画「トリプルX 4」に出演決定 「もうシーンも決まっている」

映画「トリプルX 4」の音楽監督就任記者会見に登場した「X JAPAN」のYOSHIKIさん

 人気ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIさんが25日、東京都内で行われたハリウッド映画「xXx(トリプルX)」シリーズ最新作「xXx 4(トリプルX 4)」(D・J・カルーソー監督)の音楽監督就任記者会見に登場した。YOSHIKIさんは会見の席で、「急展開なのですが」と前置きし、「いろんな流れがどんどん展開していき、映画(『トリプルX 4』)に出演することも決まってしまいました。まだ(詳細は)言えないみたいですけど、もうシーンも決まっています」と照れくさそうな笑顔を浮かべ、明かした。

 「トリプルX 4」は、「ワイルド・スピード」シリーズで知られる米俳優ビン・ディーゼルさんが主演するスパイアクション映画「トリプルX」の最新作。YOSHIKIさんは同映画の音楽監督を務める。映画出演ついて、YOSHIKIさんは「僕のドラムがアクション映画みたいなもの」と周囲を笑わせ、「音楽家なので、そっちの方はあまり興味がなかったんですが、ハリウッドに住み始めて20年以上がたち、自分が住んでいるところでも仕事ができることがうれしい。映画の助け、力になれるのであれば」と意気込んでいた。

 また同作は、ハリウッドでは初となる映画とテレビシリーズの同時制作が発表されているが、「これもまた急展開なのですが、テレビシリーズの方はプロデューサーに加わることになりました」とYOSHIKIさんは明かし、「素晴らしい方たちとお仕事ができるのは、まだ夢を見ているよう。頑張ります」と気を引き締めていた。

 また気になる「X JAPAN」のアルバムについてもYOSHIKIさんは言及。「自分にできる範囲のことは精いっぱい、全部やりました。(アルバムは)世界的に発売したいと考えているので、いまはいいタイミングを見計らっているところ」と語っていた。会見には、カルーソー監督、プロデューサーのマーク・ジョンソンさんも出席した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです