メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サドが優勝、小原2位 福士は転倒し棄権 大阪国際女子マラソン

大阪国際女子マラソンで1位でフィニッシュするファツマ・サド=ヤンマースタジアム長居で2019年1月27日、木葉健二撮影

 2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を懸けた大阪国際女子マラソンが27日、大阪市のヤンマースタジアム長居を発着点とする42.195キロのコースであり、ファツマ・サド(エチオピア)が2時間25分39秒で優勝した。

 すでにMGCの出場権を持っている小原怜(天満屋)が2時間25分46秒で日本勢トップの2位に入った。中野円花(ノーリツ)が2時間27…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです