メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大坂はなぜ勝てたのか データから見る全豪V フルセット4試合、凡ミスは全米の約1.7倍 

全豪オープンテニスで強烈なサーブを要所で決めた大坂=ロイター

 【メルボルン新井隆一】テニスの全豪オープン女子シングルスで、大坂なおみ(日清食品)が、昨年の全米オープンに続く4大大会2連勝の偉業を成し遂げた。同じハードコートで戦う両大会のデータを比較すると、全豪は苦しみながらも持ち味を生かして勝ちきった大会と言える。

 全米ではフルセットまで戦ったのはわずか1試合だったが、全豪では決勝を含めて4試合もあった。特に3、4回戦は第1セットを先取されてから逆転勝ちした。

 大きく下がったのはブレークポイント奪取率で、全米の61%から20%近くも急落した。凡ミスは全米の約…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです