メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

ターボだらけの今となっては超激レア! 思いっきりNAエンジンを楽しめる輸入車3選

情報提供:カートップ

ターボだらけの今となっては超激レア! 思いっきりNAエンジンを楽しめる輸入車3選

車種はわずかしか存在しないが珠玉のエンジンもある!

 輸入車を含め、日本で買えるクルマのエンジンを改めて見ると、ターボやスーパーチャージャーといった過給機を持たないNA(自然吸気)エンジンがメッキリ減ったことに驚く。

 これはエンジンの小型化を含む小排気量化で燃費を向上させ、動力性能は過給機の装着で補うというダウンサイジングターボの普及によるためである。ダウンサイジングターボの普及はクルマの技術の進歩を考えれば真っ当なことであるが、それでも構造が比較的シンプルでごく自然な吹き上がりやモノによってはより高い官能的な性能を持つNAエンジンにも捨てがたい魅力がある。

 そこで2回にわけて、2リッター以下の小排気量車、2リッター以上の排気量、という国産車のNAエンジン搭載車を紹介してきた。今回は輸入車を対象に、今では希少になりつつあるNAエンジンを楽しめるクルマをピックアップしてみた。

 楽しめるNAエンジンを搭載する輸入車が日本車以上に少なくなっている中で浮かぶのは以下の3台だ。

●ポルシェ911GT3

 スポーツカーのベンチマークの1台であるポルシェ911は、新型となるすでに992型が発表されており、現在日本で販売される991型を現行車というのは少し微妙なのかもしれない。

NAエンジン

 しかし911がスタンダードなモデルもここ3年ほどでターボになったのを考えると、レーシングカーのベースとなるのも想定しているNAの4リッター水平対向6気筒を搭載するGT3系は珠玉の存在だ。

NAエンジン

 具体的にはNAで最高出力500馬力&最大トルク460N・mというスペック以上に、1気筒あたり666㏄もあるエンジンが最高出力を8250回転で発生し、9000回転まで回るという技術力だけでも市販車としては究極の1台と断言できる。

NAエンジン

 さらにスタンドードなGT3には、高級スポーツカーではほとんどがATになっているなか、MTも設定している点も、必要性などは別にしてファンにとっては嬉しい。2115万円という価格は非常に高価ではあるが、GT3が与えてくれるものやリセールバリューの高さも考えれば、案外安いとも言えるのかもしれない。

NAエンジン

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです