メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

WBOスーパーウエルター級タイトルマッチ 井上判定負け

 【ヒューストン共同】世界ボクシング機構(WBO)スーパーウエルター級タイトルマッチ12回戦は26日、米テキサス州ヒューストンで行われ、挑戦者で同級3位の井上岳志(ワールドスポーツ)は王者ハイメ・ムンギア(メキシコ)に0-3の判定で敗れ、王座奪取はならなかった。ムンギアは3度目の防衛に成功した。

 29歳で世界初挑戦の井上は終始前へ出て攻めたが、相手の強打を浴びてペースを握られた。

 戦績は井上が15戦13勝(7KO)1敗1分け、22歳のムンギアは32戦全勝(26KO)となった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです