メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪国際女子マラソン

サドV 小原、反省の2位

大阪国際女子マラソンで2位でフィニッシュする小原怜=ヤンマースタジアム長居で2019年1月27日、木葉健二撮影

 2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を懸けた大阪国際女子マラソンが27日、大阪市のヤンマースタジアム長居を発着点とする42・195キロのコースであり、ファツマ・サド(エチオピア)が2時間25分39秒で優勝した。

 すでにMGCの出場権を持っている小原怜(天満屋)が2時間25分46秒で日本勢トップの2位に入った。中野円花(ノーリツ)が2時間27分39秒で4位(日本人2位)に入り、通算9人目のMGC出場権を獲得した。16年リオデジャネイロ五輪代表の福士加代子(ワコール)はレース前半に転倒し、35キロ付近で途中棄権した。同代表の田中智美(第一生命グループ)は7位に沈んだ。

 36キロ付近からサド、小原のマッチレースとなり、40キロ手前で小原が振り切られた。

この記事は有料記事です。

残り1622文字(全文1974文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです