メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

フォルクスワーゲン・ポロに新エンジン1.5 TSI Evoを搭載したスポーティモデル登場

情報提供:カートップ

フォルクスワーゲン・ポロに新エンジン1.5 TSI Evoを搭載したスポーティモデル登場

パワフルなエンジンに合わせてR-Lineも初導入

 フォルクスワーゲングループジャパンは、コンパクトモデルの「ポロ」に、新エンジン「1.5 TSI Evo」を日本初採用した新グレード「TSI R-Line」を発売した。全国希望小売価格(税込み)は298万円。

 新型ポロは、MQBモジュールを採用したことで高い居住性や安全性が高い評価を得ている。今回、搭載するTSIエンジンをさらに進化させたスポーティ仕様のR-Line追加でポロファミリーの魅力をさらに高めた。

 日本導入モデルで初採用される新エンジン「1.5 TSI Evo」は、従来のEA211型TSIエンジンは、気筒休止機能「アクティブシリンダーマネージメント(ACT)」と、コモンレール直噴技術を採用。最高出力110kW(150馬力)、最大トルク250N・mを発揮。7速DSGと組み合わせることで、パワフルな走りを味わうことができる。

ポロ

 エクステリアは、日本モデルとしてR-Lineが初導入となる。専用17インチアルミホイールや、ツインエキゾーストフィニッシャーでドレスアップ。加えてリップスポイラーやリヤスポイラー、ブラックサイドスカートでスポーティさを際立たせる。

ポロ

 インテリアはハイラインと同様に、有償オプションカラーのリーフブルーメタリックもしくはエナジェティックオレンジメタリックをボディカラーとして選んだ場合、ダッシュパッドおよびセンターコンソールがボディカラーと同色に。また、シートファブリックにもボディカラーと同色のラインがデザインされる。

ポロ


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです