メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

狂言方大蔵流 山本東次郎/4止 気力、体力に衰えなし

大名物の「秀句傘」のシテをつとめる山本東次郎=写真家・神田佳明撮影

 「50歳を過ぎて狂言が楽しくなりました。若いころは人前で何かするのが嫌で、職人さんにあこがれ、好きなチョウや花の研究者になれたらとも思いました」

 高校2年生のとき、狂言をやめたいと願い出た。父の三世東次郎は「先祖から預かっているものを伝えるのだから、墓場でご先祖様に聞いてこい」と応じた。

 「墓前に立つと、先祖は狂言を背負って一生を終わったんだという思いが押し寄せ、涙が出てきて、父の寂しそうな姿も目に浮かびました」

 父に狂言を続けさせてくれと頼み、以来一心に曲に取り組んでたどりついたのが、狂言は「単なる笑いではな…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  2. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  3. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです