メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 伊東潤さん ありし日の姿、立体的に

作家の伊東潤さん=山口敦雄撮影

 ■歴史作家の城めぐり 伊東潤(いとう・じゅん)さん プレジデント社・1512円

 「お城ブーム」と呼ばれる中で、さまざまな城の本が出版されている。本書は、歴史作家が取材で実際に現地に足を運び、歴史的背景や戦略・戦術的な意味など、それぞれの城のストーリーを描いているのが特徴だ。「一ファンとして、これまでのお城の本に不満があった。多くが、学者による専門書か初心者向けのガイド。なぜその地に城を作ったのか、どうしてこういう縄張りにしたのか、それを読みたいと思った」

 関東甲信地方の35の城を紹介している。例えば、鉄砲の普及や新道の開通などの外的要因で急速に存在意義…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文896文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです