メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

七つの会議

「サラリーマン山崎シゲル」の田中光とコラボ シュールな「七つの変な会議」マンガ

田中光さんのコラボマンガ「七つの変な会議」

 人気作家の池井戸潤さんの傑作小説「七つの会議」を狂言師の野村萬斎さん主演で実写化した映画「七つの会議」(福澤克雄監督、2月1日公開)と、独特なタッチとシュールな世界観で一躍話題となった「サラリーマン山崎シゲル」を手がけたマンガ家の田中光さんがコラボすることが30日、明らかになった。

 映画のTwitterキャンペーンの一環として、サラリーマンとは切っても切り離せない「会議」にフィーチャーして、会議や打ち合わせの場で起こる“あるある”を募集。映画の中で繰り広げられる緊迫した会議とは異なり、「テレビ会議で手を振ってしまう」「会議中に鼻をほじったあとの指先が次にどこへ向かうのか気になる」「会議で配る資料を“指ぺろ”する部長」など、厳選した七つのエピソードを「七つの変な会議」と題して、田中さんがマンガ化。キャンペーンサイトで掲載される。

 映画は、中堅メーカー「東京建電」が舞台。営業1課の万年係長・八角民夫(萬斎さん)はどこの会社にもいそうな“ぐうたら社員”。トップセールスマンである課長の坂戸宣彦(愛之助さん)からはその怠惰ぶりを叱責されるが、ノルマも最低限しかこなさず、定例の営業会議では傍観しているのみ。そんな中、ある日突然、坂戸のパワハラ騒動が起こり、異動処分が下される。訴えた当事者は年上の部下、八角だった……というストーリー。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. 紀平猛追及ばず4位 ザギトワが優勝 フィギュア世界選手権
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. 「王子様」改名 キラキラネームなぜ? 鎌倉時代でも問題視

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです